サントリー青汁「極の青汁」の口コミが良いけど本当なの?

サントリー青汁のこだわりについて

サントリー青汁のこだわりについて

サントリー青汁「極の青汁」には、たくさんのこだわりが詰まっています。
今回は、サントリー青汁「極の青汁」のこだわりについてご紹介したいと思います!

現代の日本人は毎日必要とされる野菜の摂取量を満たしていない人が大半です。
そんな方々に向けてサントリーが開発したのがサントリー青汁「極の青汁」。
野菜を摂取するにあたっては、量だけでなく質も大切になってきます。
この質にこだわって作られたのがサントリー青汁「極の青汁」です。

こだわり1――国産品質
素材それぞれが良い環境で育っていることをサントリーの担当者がじかに産地を訪れて確かめ、その上で国産の素材を使用。
熊本県阿蘇産の大麦若葉や鹿児島県屋久島産の明日葉など、無農薬野菜を厳選して使っています。
製造する工場に関しても国が定める基準よりも上の基準を独自に定め、妥協せずに製造をしています。

こだわり2――ケルセチンプラス
人間の健康面に良い働きをしてくれるポリフェノール。
その種類は4000種ほどあるとされていますが、その中の1つにケルセチンと呼ばれる野菜ポリフェノールがあります。
サントリー青汁にはこのケルセチンが配合されています。
しかし、そのままで配合しても体内へ吸収されにくい性質のケルセチン。
良いものを体に浸透させるため、サントリーはケルセチンの構造を変化させました。
それが体内に吸収されやすい「ケルセチンプラス」。
これがサントリー青汁には配合されています。

こだわり3――おいしさ
老舗飲料メーカーとして、おいしさにもこだわっています。
青汁の味が苦手という人でも飲めるよう、粉末にして溶けやすくした上で食物繊維をブレンドし、おいしいと思えるうまみ・濃さ・飲みごたえを実現しています。
また、宇治産の抹茶を使っているので飲み心地が軽いのも特徴です

top